FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マイクブレイベル  アーサースミス  デリックヘンリー  

Comment: 14  Trackback: 0

12月16日(月) NFL2019シーズン第15週 ヒューストンテキサンズ戦
AFC南地区の覇権を賭けた大一番ということで、久々にスタジアムに馳せ参じるファンに向けてドレスコード「コードブルー」が発令されました。その甲斐あってかニッサンスタジアムはタイタンズブルー色が目立っていました。そんな大勢の応援も空しくテネシータイタンズは大切な試合に敗れてしまいました。

敗因はいろいろとあげられるかと思いますが、敢えてまとめてみると ”チームが力み過ぎてしまった”結果と言えるかもしれません。
ここまで絶好調だったライアンタネヒルのパスも(悪くはないスタッツを残していますが)総じて上ずってしまったように見えました。何度もあった大事な局面でパスを通せませんでした。

RBデリックヘンリーの健康面(ハムストリング)の心配で彼をフル活用できなかったこと。これは非常に大きかったです。なにせタイタンズのオフェンスは”ランヘビー”。ラン、ラン、パスでプレイアクションパスを織り交ぜていくスタイルです。その主軸たるデリックヘンリーが3日連続練習不参加という状態での出場ということで、やはり大事を取って途中で起用をあきらめていました。 これでランを多用できなくなってしまい攻め方が限られてしまいました。

この日のOLはパスプロテクションは合格(被サック2)、ランブロックは物足りずという印象でした。テキサンズDLにてこずってしまっていました。

レシーバー陣ではAJブラウンがまたもや100ヤード超、ジョンヌスミスコリーデービスタジャエシャープらもそれに続いています。TEアンソニーファークサーが4回ターゲットになり1レシーブ(レッドゾーンでターンオーバーのミス)だったのは誤算でした。
TEジョンヌスミスがランで57ヤード走ったプレイは驚かされました。彼はRBもできそうですね?もっと見たくなってしまいました。

ディフェンスはいつもタイタンズの試合を支えてきた功労者軍団でしたが、今回はテキサンズオフェンスを攻略できずに終わってしまいました。デショーンワトソンを捕まえきれずデアンドレホプキンスウィルフラーケニースティルらに良いレシーブを決められました。

タイタンズフロントボックスは中央に穴を開けられランで走られてしまいました。またパスラッシュも全然かからずハロルドランドリーは見せ場も作れずじまいでした。ちょっとこの状態が続くようだとディーンピースDCシステムの危機が深刻化しそうです。

セカンダリーは敵の有能なWRに大苦戦。ディープのカバー枚数を減らすとしっかり狙われてしまいます。セカンダリ、特にCBは現存メンバーで何とか乗り切ってほしいものです。先週の試合でコンカッションを心配されたSケニーバッカーロは練習にもフル参加しており今日も元気なプレイを見せてくれたので一安心でした。

タイタンズのセカンダリーコーチ:ケリークームス氏が古巣オハイオ州立大でco-DCとして復帰するのではという噂が流れており心配です。オハイオ州立大のDCがボストンカレッジのHCに就任するための後任人事案件だそうです。デンゼルワード、マーションラティモア、ガレオンコンレイ、イーライアップル、ブラッドリーロビーらそうそうたる教え子の活躍は彼にとっても大学にとっても輝かしい栄誉の記録を共有しています。しかしこのオフにタイタンズから離れてしまうと、マイナスの影響を受けてしまいそうです。ブレイベル-ピーズでなんとか残留させてほしいところです。

スペシャルチーム.... Kの危惧が現実化してしまいました。大切なロスターに2名もKを入れるのはどうなんでしょう? 完治していないライアンサコップを起用し続けるのも疑問です。今日の試合では最後の望みをつなぐオンサイドキックをサントソに蹴らせたという起用も?です。

パントフェイクも焦燥感に駆られて小細工した挙句失敗というは痛かったです。リッキーさんからコメントをいただきましたが、タネヒルにパスを投げさせた方が良かったかも?です。

私はシーズン前からヒューストンテキサンズは今シーズン怖くない、GM不在のチームなんて途中で脱落すると考えていましたが、ここに来てこちらが脱帽せねばなりません。”申し訳ないです”! オブライエンHCの今シーズンに賭ける必死さはドラフトやFA補強を見て理解していたつもりでしたが、うまく戦力アップにつながっていますね。

タイタンズの敗戦.... 自分の中でけっこう冷めて受け止めています。 










関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: 補足です
リッキーさん

補足いただきありがとうございました。

タイタンズは自ら勝って進んでくれることでしょう。
補足です
先程のコメントは、スティーラーズとのPO争いが熾烈であることを言いたかったため、
条件5にまで該当する場合がある、という意味で、書かせていただきました。
ただし、コメントをご覧になる方が、勘違いされるといけないので、他のチームの
PO進出の可能性も含めて、新たに調べてみました。

結論から言うと、条件3で「タイタンズもスティーラーズも2連敗」の場合には、
コルツが2連勝した場合に、スティーラーズかブラウンズが、PO進出することになり、
タイタンズは残れないですよね。(タイタンズは地区3位になりますので)
※コルツが1敗してくれれば、ブラウンズが2連勝して同地区2位になったとしても、
直接対決の結果で、タイタンズが残れるのですが。

念の為、補足させていただきます。
Re: 切り換え
リッキーさん

プレイオフ進出の可能性、スティーラーズとの比較についてよく調べられましたね。一応まだまだチャンスは残されているわけですから此処で諦めることはありません。

最後まで戦いきってほしいですね!
切り換え
負けた直後は、接戦だったこともあり、かなりイライラしていましたが、
SNFでのスティーラーズ敗戦の後は、今後に気持ちを切り換えています。
接戦だったのでから、オフェンスが好調の中、ディフェンスがもう少し踏ん張れば、
最終戦のテキサンズ戦には、勝つチャンスもあると思います。

スティーラーズとの、ワイルドカード争いは、熾烈を極めています。
私の計算が間違っていなければ、WC進出のための優先順位決定条件として、
1.全体の勝率・・・が並んだ場合に、
2.直接対決・・・は今季ありませんでしたので、
3.AFC内での勝率・・・については、スティーラーズが2勝すると厳しいですが、
タイタンズがテキサンズに勝つ場合の1勝1敗、または両チーム2敗であれば並び、
4.共通の対戦相手に対する勝率・・・も、3勝2敗で並ぶことが確定していることから、
5.勝った相手の平均勝率・・・で決まると思います。
この場合は、現時点でタイタンズが圧倒的に有利(恐らく確定している)ですので、
充分に(プレーオフ進出の)チャンスはあると、思います。

とにかく最終週に、テキサンズには勝つことと、スティーラーズに対するレイブンズが、
戦力を落とさずに勝ちきってくれることを願うだけですね。
Re: タイトルなし
北野さん

前半幾つかチャンスを潰し続け、最後までそれを補いきれませんでした。
少々力が入りすぎた結果かもしれません。

もう残り2戦は絶対に落とせないですね。デリックヘンリーを有効に起用してほしいです。そして彼なしでの戦い方も準備してもらわないといけませんね。最後まで諦めずに戦ってほしいです。
Re: code blue tokyo
ふて猫さん

ご説明いただきありがとうございました。
そうです。まだ2試合ありますね。
とても期待して臨んでいただけに喪失感も半端なかったです。
タイタンズのスタッツは良かったですが、テキサンズの方が戦術が一貫していて、決めたいプレイをしっかり決めていた印象がありました。
でもあのファンブルリカバーTDがタイタンズのTDだったら試合の流れも違ったのに…と思わずにはいられません。

一歩後退しましたが、我々にはweek17のテキサンズ戦がまだ残っています。
スティーラーズに他力本願するところも大きいですが、最終戦で借りを返して、プレイオフ進出滑り込んで欲しいです。
code blue tokyo
管理人様、いいえ此方こそ分からない例えで申し訳ありません。今から25年前の10月8日に巨人と中日がセリーグの優勝をかけて勝った方が優勝という状況でした。この当時中日ファンだった小生は、巨人が勝ったのでショックを受けてしまいました😅当時と違い幸いまだ2試合あるのが救いですね。
(厳しい試合ではありますが😅)
Re: code blue tokyo さん
ふて猫さん

10/8のドラゴンズの件、わからなくてすいません!

Re: まさか!
Twenty Sevenさん

「まさかの坂」ですか。勉強になりました。

ファークサーはこれがトラウマにならなければいいのですが....
プレイオフへの道はまだ閉ざされたわけではないですから、しっかりとものにしたいものですね。
Dヘンリーの状態次第では仰るように休ませるのもありだと思います。

チームはこの敗戦を引きずってはいけませんね。
Re: Code Blue Tokyo さん
ハンニバルさん

ホームで絶対勝ちたかった試合を落としてしまいました。残念。
勝負局面での判断やプレー選択を反省してもらいたいですね。
試合終了後のプレスカンファレンスでのブレイベルHCを見ましたが相当キレている感じでした。
残りの試合は悔いの残らないよう戦ってほしいです。
code blue tokyo さん
ホームなので勝ちたかったですがね😅どうも小生にとっては、10・8で負けた中日ドラゴンズと重なってしまうのは気のせいですかね(分かりにくい例えで申し訳ないですね😅)
まさか!
人生には、「まさかの坂」がある、というよく言うのですが、そんなゲームでした。こういう月曜日は、いろんな意味で本当に気が重い。

ファークサーの「ポロリ」。
4連勝中のゲームの最終盤に出るのであれば、
相手がいないところでポロっとやるのであれば、
ほぼ何でもないような場面ですよ。
それがあんな風になってしまう。神様は残酷です。
エディ・ジョージだって、プレーオフでやってしまったことがある、といって慰めるよりないでしょうか。

スペシャルは「よくわからない」のが本音です。
サコップの状態(ケガの治り、練習での状況含めて。その割にトラポンは全部入ったりする)、キックオフ等どういう約束事をチーム内でしているのか。
ブラックボックスに近いので、知りたいという興味の方が強いです。

タネヒルのスラントを読まれたかなという感は少ししています。
杞憂だったらよいのですが。

不幸中の幸いは、明日次第ですが、
セインツ戦にかかわらず、W17のテキサンズ戦に勝って、スティーラーズが1敗すれば、プレーオフ進出」という状況になりました。
セインツに勝って、テキサンズに負けではダメです(カンファレンス成績の関係。ココがややこしい)。来週ヘンリー休ませるのも「一手」と思いますよ。

7連勝はかなり難しいと思ったので、ここで負け運を削ぎ落とした、事故に遭ったと思って、やるしかないですね。
Code Blue Tokyo さん
ホームでのHOU戦ですので、必勝が期待されてましたが、残念な結果になりました。
敗因はいろいろありますが、結果3点差ということは、サコップのFG失敗が相当大きかったということですね。
ディフェンス陣は、要所でビッグプレーを見せてくれていましたが、ランを止められなかったのは問題ですね。パスディフェンスはある程度しょうがない部分がありすので。
おっしゃる通り、オフェンスはヘンリーが怪我持ちの状態で頑張ってはいましたが、インサイドへのランプレーに終始してましたので、あれではどうにもならないですね。
タネヒルも十分合格点でしょう。パスプロも良かったですね。
ご指摘どおり、パントフェイクでのギャンブルやサントソのオンサイドキックなど、意味不明なプレーが目に付きました。
今のサコップとエンドゾーンへ蹴り込めないサントソに大事なロースター枠を割くのは愚の骨頂です。ここだけは早急に改善して欲しいですね。

Leave a Comment