FC2ブログ
1
2
3
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
28
29
  02 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
24

Category: NFL

Tags: NFL、テネシー・タイタンズ、イーグルス、フィーリー  

Comment: 0  Trackback: 0

10月24日(日): EaglesのHPがカッコイイedition
いよいよあと数時間でキックオフという時間なんですが、どうしても記しておきたくて....

テネシー・タイタンズの今週の対戦相手は、フィラデルフィア・イーグルスです

試合前に敵の状況調査という感覚で、フィラデルフィア・イーグルスのホームページを訪れたのです
すると "philadelphiaeagles.com" へ入る前に Flash映像が流れていました。 
それは昨日記事にも書い注目の人ジェレミー・マクリン選手がマントと紳士が持つような杖を持ち、
空を飛んだりしていました^^ タイタンズの選手らしきプレイヤーはただ見上げるばかり...といった内容でした♪
バックに流れる音楽は、”TSOP(ザ・サウンド・オブ・フィラデルフィア)”フレイバーたっぷりの名曲です!
なんとも楽しい映像にびっくりさせられました!

フィラデルフィア産のこの音は、デトロイトで生まれた”モータウン・サウンド”に続く、新しいムーブメントとなり、
フィーリー・サウンドと呼ばれ脚光を浴びました
 ”ソフィスティケイテッド・サウンド”なんて形容されていたんですよ(1970年代半ばあたりですがw)
デルフォニックス、スタイリスティックス、ブルーマジック、オージェイズ、スリーディグリーズ、
ハロルドメルビン&ブルーノーツ、イントウルーダーズ、トランプス、ああもう切りがありません~
シグマ・サウンド・スタジオにおいてMFSBメンバーが奏でるサウンドは、洗練されていてステキでした♪
才気溢れる偉大なプロデューサー達:ケニー・ギャンブル&レオン・ハフの名コンビ、ボビー・マーチン、
バン・マッコイ、マクファーデン&ホワイトヘッド、そして私が敬愛して止まないトム・ベル等
すばらしい面々が偉大な名曲を世に送り出しました....

ああ懐かしい! イーグルスのHPを訪ねて出会えた思い出のサウンド♪ 嬉しかったです
たしかアリーナ・フットボール・リーグのチームがフィラデルフィアにあって、
Philadelphia Soul”という名前だった気がします??
ぜひフィラデルフィア市民の方々には、伝説のフィーリーサウンドを大切にしていってほしいです!




デトロイトを本拠地として活躍していた”スピナーズ”が、フィラデルフィアでレコーディングして大成功を収めた傑作のひとつ! トム・ベルがプロデュースしました♪

The spinners - could it be i'm falling in love



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment