FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
31

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー,  ウオーレン・ムーン,  ヒューストン・オイラーズ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月31日(水): ’1991~2の誓い’エディション
新テネシー・タイタンズとして新たなスタートを切った我がチームですが、
このコーチ布陣のルーツは、1991、2年のヒューストン・オイラーズに見出すことができます♬

マイク・マンチャックHCを筆頭に、OC:クリス・パーマー,DC:ジェリー・グレイ
OLコーチ:ブルース・マシューズセカンダリーコーチ:マーカス・ロバートソンといった
コーチング・スタッフは皆1991~2年時にヒューストン・オイラーズに在籍していたメンバーです

当時のOC:ケビン・ギルブライド(現NYジャイアンツOC)のもとでラン&シュート攻撃を採用し、
エースQB:ウオーレン・ムーンがパッシング・ヤーデージレコードを次々に塗り替えていった
輝かしい時代と言えるかも知れません オイラーズ史上最強の時代だったと思います
(基本的に通年’ドアマット’でしたからw)
ヒューストン・オイラーズが最もスーパーボウル出場に近づいた時代、
言い換えると、もっともチームが好調に運営されていた時代を知っているメンバーにより、
当時の強かった時代を再現させるべく、オイラーズ時代からの生え抜きスター選手&コーチの
マイク・マンチャック政権発足のもと、このプロジェクトが始動したと見ていました^^

今日下記記事を読むにあたり、やはり継るものがあると感じ、興味深く読ませて頂きました

The Tape Never Lies: The ‘Shoot is Alive in Tennessee

「テープは嘘をつかない」: ’ラン&シュートはテネシーで生きている’

読み進むうちに、懐かしくかつ嬉しくなってきてしまいました
クリス・パーマーの生き様、コーチング人生の最初のハイライトだったであろうWRコーチ時代の
当時のプレイを今風にカスタマイズして採用しているとは♬

となると鍵となるのはQB、HOF ウオーレン・ムーンのレベルを求めるのは無理でしょうが、
マット・ハッセルベックが慣れてくれれば、それなりに期待できるのではないでしょうか?
OC:クリス・パーマーの’執念’に期待したいです^^


1992 HOUSTON OILERS HIGHLIGHTS








関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment