FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
06

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、コーリン・マッカーシー  

Comment: 4  Trackback: 0

12月5日(月):W13 @バッファロー戦
プレイオフへのサバイバル競争というテーマで戦ったバッファロー・ビルズテネシー・タイタンズ。 
懸念された天候も何とお日柄もよくきれいに晴れてくれました。 テネシー・タイタンズは最初の攻撃から3シリーズ連続で得点を獲得し、終始リードを保ちつつ戦えました。 マットハッセルベックのパスはまだ乱調気味でしたが、クリス・ジョンソンが奮起しラン攻撃を際立たせました。153ヤード、2TDはグッドジョブでした。 ここに来てかなりCJ2Kの復調気配が真実味を帯びてきました^^ 体調不良(病気)で先週から10ポンド(4.5kg)も体重が落ちていての強行出場だったとのこと。

 守備はといいますと、敵のオフェンスがこじんまりしてくれてボロを露呈せずに済んだという感じでしょうか? ラン守備は相変わらず弱点のままでした。 ビルズが後半CJスパイラーにボールを持たせ続けていたら勝敗の行方はわからなかったかも? コートランド・フィネガンがニッケルバックに入った4-2-5守備は機能していました。LBのコーリン・マッカーシーアキーム・エイヤーズも良く動けていました。 左CBのジェイソン・マッコウティが負傷してしまいましたが、他のDB達がその穴を埋めてくれました。 
今週も’超プリベントディフェンス’を繰り広げ、結果的には成功しています^^; (敵QBに獲得距離をプレゼントしてるのかな? フィッツパトリックは288ヤード投げてることになりましたもの)

 スペシャルチームも先週に引き続き高評価点をあげたいです。 終始良いポジショニングで戦えたのは彼らのおかげです。トミー・キャンベルが欠場しましたが、マーク・マリアーニがここはがんばりました。 Pブレット・ケーンも良かったです。

この試合でWR:ネイト・ワシントンが足首を痛めました。 CB:ジェイソン・マッコウティも軽症ではなさそうです。DT:ショーン・スミスも手を負傷。重要な役割を担ってきた選手の負傷は心配です。 

これでテネシー・タイタンズは7勝5敗。 ライバルのテキサンズファルコンズに勝利したので差は縮まりません。 テキサンズも必死でがんばってますね。このまま追いつけないかもしれないですね^^;
次はセインツ戦です。 勝敗は度外視してでも優秀なチームと戦って、何かを経験を習得してほしいです。

GO TITANS !


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: 正念場
えなちゃんのパパさん、

テキサンズは本当に’地力’がついてきていますね。 ライバルのパワーアップは困るのですが、これまでの苦労を外から眺めていて、今年は彼らがふさわしいかな?と思いますよ^^ 

個人的にはマイクマンチャック氏にHCとしても成功してもらいたいので、HC初年度から勝利を重ねて欲しいと思っています。 ヒューストン・オイラーズ時代を含む功績で’名誉の殿堂’入りですから、オイラーズ~タイタンズの歴史を紡ぐ貴重な存在だと思ってます。 

これまでのテキサンズだと、大事な局面で’自滅’するケースがいろいろあったように思うのですが、終盤をうまく乗り切ってくださいね^^ 

Re: ぬてぃお改めとみーさん
レシーバー陣の怪我は層が薄いだけに心配ですね~

やはり敵QBへのプレッシャーが足りないと認識されましたか^^;
あちらでは、来年の最優先補強ポジとして「DL」、「SS」という見解のようです。

タイタンズとしてはできることを(残り全勝)やるしかないわけで、苦しいですね。
来季に継る経験を積み上げていってほしいです^^

正念場
今年はテキサンズ押しのえなちゃんのパパです

テキサンズは今週またアンドレ・ジョンソンが負傷しました。考えてみれば開幕にはRBフォスターがおらず、戻ってきたとおもったらジョンソンが負傷、さらにQBマット・ショープとマット・ライナートがシーズンアウトになり、それで9勝3敗なのですから本当に強いのかもしれません。ルーキーT.Jイエーツも初先発の試合で大きなミスなく試合を終えました。正直ファルコンズ戦は負けを想定していたのでうれしい驚きです。もしベンガルズにも勝てるようならわりといいところまでいってしまうかも。一方タイタンズもようやくクリス・ジョンソンが復調して、シーズン10勝到達が見えてきましたね(10勝がプレイオフ出場のボーダーラインと見ています)。でもそのためには同地区下位に取りこぼさないで、なおかつテキサンズかセインツに勝たなければなりません。これからが1試合1試合が正念場。ランをとめられるかどうかが鍵になりそうです。
マコーティー離脱だと痛いですよね…(>_<)
ワシントンはいったん戻ってきて, それでまたこじらせたんでなんとも...

フィッツパトリックくん, 4Qのゴールに迫られた場面ではポンポンとショートパスをつなげられまくった気がするんで, やっぱうちはQBへのプレッシャーが足りんのかなぁ…勝てたから目をつぶっていいとも思いますが.

ただ, テキサンズの残り4試合を見たら彼らの地区優勝はかなり見えてきたんじゃないかなぁ…と. それでいて, WCも結構難しいかもしれないという, なんとも中途半端な位置になってしまった気はしますね. うーん難しい.

Leave a Comment