FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
12

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー、ジェリ  

Comment: 8  Trackback: 0

W14: ニューオリンズ戦かく戦えリ
たった今見終わったところで忘れずに書いておきたいと思い綴ってみます。
最後の4秒まで勝敗の行方がもつれ、白熱した戦いとなりましたが、タイタンズは敗れてしまいました。
地区優勝やプレイオフが遠ざかってしまいましたが、将来に継る経験を積めたのではないでしょうか?

まずこのゲームにおけるネイト・ワシントンの献身的なチーム愛が随所に見られ、私は胸を熱くさせられました。 先週足首を負傷して今週チームの判断は’クエッショナブル’で出場を控えてもらいたかったにも関わらず、自身が願い出る形で強行出場しました。 ゲーム中も重要なパスキャッチを決めたり、チームメイトが危険な反則を受けるとすぐさまその敵の反則者へ注意しに立ち向かってゆきます。 これら一連のネイトワシントンの行動がチームをまとめ上げているように感じました。 今まで彼をあまり評価していなかったのですが、今日から’敬意’を持って応援したくなりました♬

ゲームはテネシー・タイタンズのゲームプランどおり運べたと見ました。 つまり’ロースコア・ゲーム’に持込む状況を作ることです。 クリス・ジョンソンのラン攻撃で時間をコントロールするというプランは実現できず、逆に敵攻撃陣に圧倒的なボールコントロールを許すことになりました。 それでもタイタンズ守備陣はなかなかTDを許さず、’ロースコア・ゲーム’に敵セインツを引き込むことに成功しました。
 セインツDC:グレッグ・ウィリアムズとタイタンズDC:ジェリー・グレイの師弟対決に注目していたのですが、やはり師匠グレッグ・ウィリアムズの本質的な守備コンセプトである’攻撃的なな守備’スタイルのお披露目合戦として多様なブリッツを双方頻繁に(いつもより多めぐらいかな?)用いていた気がします
タイタンズ守備はセインツのような「脅威」を作れず成熟度の違いを見せつけられることになりました)

ホームフィールド・アドバンテージということもあり、随所に勝機を感じさせてくれる展開でした。 その一番の原因と言えるのは両チームが犯した「反則」の多さにあると思います。 OLのホールディング反則が特に多かったように感じました。 セインツがハイパー・オフェンスのリズムを作れなかったのもこれだと思いました。 タイタンズは試合中先発QB:マット・ハッセルベックが負傷し、ルーキーQB:ジェイク・ロッカーがプレイを続けました。 パス成功率は低調な%でしかありませんが、重要な局面でパスを通しくれました。 また得意のフットワークもプレイの良いアクセントになっていたように感じました。

終盤タイタンズの重要な’4thダウンインチズ’のギャンブルを失敗し、絶望しかけた終了直前でセインツが時間管理に失敗し、最後の攻撃のチャンスが到来しゴール直前まで攻めこむも、ラスト4秒4thダウンのプレイに失敗しジエンド。
新人QBにとって一生忘れない失敗として記憶されるのではないでしょうか? 

何故でしょうか? あまり敗戦を悔しく感じません? 前もって脳内に刷り込み済みだからかな~??

ここまでると来季の補強計画もかなり見えてくるような気がしています。 
まず OL(特にC、両G)、SS、DE、WR、WLB、DT 優先順位的に書いてみました。

最後に

ヒューストン・テキサンズ 地区優勝 おめでとうございました!

AFC南地区の王者にふさわしいのはテキサンズしかいませんでしたね^^
(今季はね....)
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: ブライアントさん
この敗戦は織り込み済みということにして、残り全戦必勝で行くというモードに切り替えました^^
マットハッセルベックのコンディションが良くないようで、ジェイクロッカーの先発起用もありそうですね。
どのチームもそうでしょうが、’みんなボロボロ’ですね~ 
タイタンズナイスゲームでした!
特にディフェンス陣が頑張りましたね。
効果的なブリッツに完璧ともいえるパスカバー、そしてランアフターキャッチをしっかり抑えてましたね。

セインツはゲインしても反則でなかなか進めずほぼ自滅モードでした。
スプロールズの幻のリターンTDがその象徴です。

また、ウィリアムのランアフターキャッチでのハーパーのフェイスマスクはあれはいただけないですね(>_<)ハーパーはあの試合ではいくつかタックルミスもしてたし、要所で反則もしてたのでフラストレーションがたまってたのかもしれませんが、あれはダメです。ワシントンが怒るのもわかります。

しかしロッカーはいい動きをしてますね!!
放送は実はロッカーの最初のTDランの直後に回線不良で中止になってしまったのでその先を見てないので、再放送に期待です。

個人的には今年一番楽しみにしてた試合で、生まれて初めてセインツを応援しなかった試合でしたが、タイタンズ視点ではかなり見ごたえのある内容だったので僕は満足してます。

残り試合セインツもタイタンズも全勝を目指して頑張って応援していきます(^-^)v
Re: ありがとう
テキサンズ初優勝おめでとうございました!

意外な助っ人にはビックリさせられました^^ 
タイタンズのプレイオフ進出には、相当幸運に恵まれないと厳しいでしょうが、諦めてはいけませんね。
Re: HORO-999 さん
ジェイクロッカーの初先発もいよいよその日が近づいているのでしょうね?
もう残りの試合は負けてはいけない相手ですね。 
ありがとう
えなちゃんのパパです。

 テキサンズ地区優勝しました。ありがとうございます。マット・ライナートがシーズンアウトになったときには、目の前が真っ暗になりました。まさかT.J.イエーツがここまでやれるとは。強力な守備とランニングゲームにささえられているとはいえ、今日の最後のドライブは見事なものでした。 2人のQBの故障がかえってチームを一つにしたかもしれません。
 タイタンズも残り3試合を3勝すればプレイオフの可能性はあるはず。がんばれタイタンズ。
 
 



前評判のことを考えると接戦でよく戦ったほうかなと思いました。
ロッカーもATL戦のような好リリーフを見せてくれて先発でみたいという気持ちが強くなりました。
怪我人が心配ですが9勝でもPOのチャンスはあるのでとにかく次からのIND、JAXの負け越しチームにはしっかり勝って欲しいですね。
Re: とみーさん
そうですね 大事な終盤のプレイコール選択には疑問を感じますね。
”Run the ball” とか "ball control"とか打ち出しているのに、ダウン更新が頼りないことになっちゃってますよねw 

こんな事考えたらいけないのかもしれませんが、ドラフト指名順位を上げるために、以降の試合を’練習’としてはいけないでしょうか?? だめかな?
うーむ…終盤のプレイコールはかなり疑問でしたね… 4th&inchesの一つ前ではビッグプレイ狙いだったでしょうし, 残り48秒で真ん中を走らせるし.

あと3rdダウンでの弱さは悲しいほど.

まぁ, 負けてもともとだったんで気にしてはいないですけど, これを引きずるとヤバイんじゃないかなぁ…とは思います.

Leave a Comment