FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2020

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
14

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイク・マンチャック,  グレッグ・ウィリアムス,  ジェリー・グレイ,  ドラフト  

Comment: 0  Trackback: 0

4月14日(日): ドラフト近づく
2013年ドラフトもあと2週間と言うところまで来てしまいました。
今年のタイタンズの1巡指名権は、全体10番目というポジションです。
マイク・マンチャック政権3年目、ラストン・ウェブスターGM2年目となる今回、
どのような指名をするのか? とても楽しみではあります。

今回 FAマーケット期間では、テネシー・タイタンズは積極的に動きました。
<IN>
S:ジョージ・ウィルソン
OG:アンディ・レビトレ
TE:デラニー・ウォーカー
MLB:モイス・フォコウ
DT:サミー・ヒル
RB:ショーン・グリーン
OG:ロブ・ターナー
DT:ロパティ・ピトイツア
SS:バーナード・ポラード
QB:ライアン・フィッツパトリック
C/G:クリス・スペンサー
WR:ケビン・ウォルター

FB:クイン・ジョンソン(再契約)
PR/KR/RB:ダリウス・レイナウド(再契約)

<OUT>
SS:ジョーダン・バビノー
OG:スティーブ・ハッチンソン(引退)
TE:ジャレッド・クック
QB:マット・ハッセルベック
DT:サンデリック・マークス
DE:ジャリウス・ウィン

デプスの穴をいくつか埋めることはできましたが、まだまだ足りません。
そんな事情もあり、デプスの深さにまで気を配るレベルにも至っていないです。

タイタンズの2013ドラフト1巡指名を予想にあたり、今回のFA補強は参考になりそうです。
マンチャック政権はこれまで2回、大方の予想を覆す指名をしてきました。
2011年全体8位指名時は、マスメディア等周囲は、DT:ニック・フェアリーの指名が有力と
見られていたところ、ワシントン大QB:ジェイク・ロッカーを指名し、周囲を驚かせました。
2012年全体20位では、ベイラー大WR:ケンドール・ライトを指名し、CB,DT/DEの指名を
有力視していたメディアや関係者を驚かせています。
わずか2回ではありますが、現政権のドラフト・スタイルを考えると、今回も1位指名は、
サプライズ(目立たせず、他に目を向けさせている)である可能性が高い気がしますが? 
どうでしょうか?

別の視点から眺めてみると、コーチングスタッフの変更が重要な意味を持つでしょう。
ジェリー・グレイDCは残留するも、かっての師:グレッグ・ウィリアムズ氏をアシスタントに
迎え入れたことは要考慮ポイントです。昨年はパスラッシュが足りないということで、
コーチ&選手を強化したはずも、期待にこたえられず、最低な守備成績に終わっています。
グレッグ・ロゲインズOCにとって、初めてOCとして迎えるシーズンになりますが、
これまでのクリス・パーマー前任のようなパス・ヘビー攻撃から、ランとパス バランスの取れた
戦い方に戻す方向性が見え隠れしています。
マイク・マンチャックHCも後がないことは承知でしょうし、即戦力が欲しいでしょうね!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment