FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
07

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ライアン・フィッツパトリック,  

Comment: 0  Trackback: 0

10月7日(月): フィッツマジック、想像以上でした
 タイタンズを応援している者には、胃が痛くなるような展開でした。そして痛々しい敗戦からは、ジェイクロッカーの復帰まで気が重くなるようなムードが続く覚悟をする気にさせられました。

 ライアン・フィッツパトリックのタイタンズ初先発試合でしたが、彼を形容するのにピッタリの言葉が容易に思い浮かびます。 「借りてきた猫」 ベテランQBの貫禄とか自信とかリーダーシップとかどこへ置いてきちゃったんでしょう? 
まず1stダウンがとれない。2ndクォーター終了近くまで1stダウンを更新できないというのもちょっと珍しいというか情けないのではないでしょうか? 41回試投21回成功247ヤード獲得1TD, 2INTというデータ以上に落胆させられるパフォーマンスでした。この人に今後も主戦QB役を託すのは止めたほうが良いのではないでしょうか?? かなり期待を裏切ってくれましたw
 クリス・ジョンソン10キャリー17ヤード。もう驚きもしません。かわりにレシーブで1TDビッグプレイを決めてくれました。 チーフスの優秀なディフェンスにラン攻撃は完封されました。

 タイタンズ・ディフェンスはオフェンスが時間を使えない展開が続き、前半は出番が多くご苦労様でした。 ジャマール・チャールズに108ヤード走られたり、ドニー・エイブリーに91ヤードレシーブ決められたり数値上は稼がれていますが、要所で踏ん張り、それなりに健闘していたと思います。
 反省すべきはスペシャルチームです。 不用意なターンオーバーのTD提供はいただけません。
もっと練習して鍛えないといけませんね。

この試合終盤の接戦のさなか、チーフスの3rdダウンの攻撃でQBのアレックス・スミスのスクランブルを止めた際、MLBフォコウのタックルがアンネササリー・ラフネスの反則を取られたのがけっこう効きました。
その攻撃シリーズが続き、逆転TDにつながってしまいました。 あのプレイは許容範囲に入っていると考えるのは贔屓の引き倒しってやつでしょうか? 

これだけミスを積み重ねてしまっては、負けるべくして負けたと言えるでしょう。

この試合で主要選手が怪我を負ったようです。ザック・ブラウン、デリック・モーガン、コティ・センサボー等です。 みんな軽傷であってほしいです。

さっそくQB探しを再開したようでジャマーカス・ラッセル等検討開始したとか.....



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment