FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
04

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,  ジュレル・ケーシー  

Comment: 0  Trackback: 0

11月4日(月): NFL第9週 テネシー@セントルイス戦
3連敗の後 1週間の小休止でどこまで体制を整えられたか? オーナー:バド・アダムス翁の死という悲しみを乗り越えてチームがまとまったのか? 個人的には今シーズンの節目となるゲームであると捉えていました。
対戦相手のラムズは、ジェフ・フィッシャーHCが指揮を執り、かって知ったる懐かしいコーチング・スタッフや選手が複数おり、タイタンズを去っていった輩に負けるわけにはいかないと、変に力んで見ていました。
結果は勝ちはしましたが、納得のいかない戦いぶりと言わざるを得ません。

タイタンズ連敗ストップ、RBジョンソンが久々の大爆発

テネシー・タイタンズは現地3日、敵地でセントルイス・ラムズと対戦。ランニングバック(RB)クリス・ジョンソンが
ラン150ヤード、2TDと大活躍して28対21で勝利し、連敗を3で止めた。(NFL JAPAN)

この試合唯一の収穫はタイタンズのラン・オフェンスが機能したことにあります。 クリス・ジョンソンは久しぶりに彼らしいプレイを魅せてくれました。 OLも少しは連携が取れてきたのでしょうか?

がっかりだったのは、ディフェンス全体。 特に前半は良くなかったです。 ラムズにラン(特にザック・ステイシー!)をズブズブ通され苦しみましたが、大事な局面でターンオーバーを奪いしのぎきりました。FS:マイケル・グリフィンの欠場がどうなるのか心配でしたが、なんとか勝ててよかったです。

ジェイク・ロッカーのパフォーマンスも本調子には程遠い出来でした。0TD、2INT、早く復調してください。
ケンドール・ライト、ジャスティン・ハンターら若手WRをもっと活用してほしいものです。

この試合からダミアン・ウィリアムスがPR/KRを勤めましたが、大きな失策も無く及第点はあげられそうでした。
しかし、スペシャル・チーム全体の出来は、例年より相当ダウンしているような気がします。
これからの奮起に期待します。

本日のウィニングボールは、クリス・ジョンソンもがんばりましたが、DT:ジュレル・ケーシーに与えたいです。
今期ほんとうに素晴らしいっす! 

さてこれでプレイオフ・ピクチャー(現時点)において、AFC第7位ということで IN THE HUNT の1位に位置まで戻せました。 AFC南地区の首位をひた走るコルツに2勝差をつけられていますが、直接対決2戦を残しており、
一気に追いつきたいものです。 次戦は地区ライバルのジャクソンビル戦です。気を引き締めて取りこぼしの無いよう気をつけましょう。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment