FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
30

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー  タイタンズ,  マーカス  マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

10月30日(金): タイタンズ GM & HCは?
シーズンも中盤に入ろうという時期です。 この時点で負けが先行しているチームは立て直しに必死。 我らがテネシー タイタンズも1勝5敗という昨年同様の低空飛行振りの体たらくでファンを失望させてくれています。 ウィズHCになってここまで3勝19敗、いいかげん見切りをつける時期だと思いますが、ご本人はまだまだやる気のようで.....

故バド翁が健在だったら、とかタラレバの話をしてもしょうがないのですが、今期ここまでオーナーサイドが球団マネージメントに注文をつけたという話もないようで、オーナーサイドの球団経営の関心の薄さを チーム売却方針へ結びつける論調がまたぶり返してきました。 なにせ球団CEOが暫定という立場にあり 強い指揮権を発動しにくい状況のようです。 次期CEOの望むチーム作りの裁量権を極力残しておこうという意向なのでしょうか。 (ペイトン マニングとそのビジネスパートナーグループによる球団買収の話も消えませんと言いますか逆に望まれているのかもしれません)
 
このような背景を考えると 今GMやHCの首を挿げ替えるのは得策ではないという判断なのでしょう。 今の戦いぶりが続くようだと来期続投の芽は完全にありえないでしょうから..... そして今年獲得したフランチャイズの卵:マーカス マリオタを育て上げるためにどうすればよいか? ウィズHCのピッツバーグ人脈により招いたHOFディック ルボー師の指導により成長が見られるタイタンズディフェンスですが、もしウィズHCを更迭するようだとルボー師の去就にも影響が出るかもしれませんね。

どこかの星一つチームのオーナーのようにガンガンでしゃばるのも困りものだと思うのですが、ここタイタンズの場合、もう少しオーナーサイドに頑張ってもらわないとチームは好転していかないような気がします。 もっとも中長期的な展望のもとに少しづつプロセスを進めていると言われるとそれまでなんですが、ファンには辛い日々が続きます。

次戦@ヒューストン戦は必勝体制で挑んでいただきたいです。 JJワットが待ち構えていますが、Aジョンソンは去り、Aフォスターは戦線離脱、QBは先発級不在という弱体化したチーム戦力が相手なので、がっつり勝っておきましょう。 マリオタを命がけで守り通してください。

ナイキの’SNOW DAY’新CM です。 マーカス マリオタも登場してます。

Nike: Snow Day
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment