FC2ブログ
1
3
5
6
10
11
12
13
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ    

Comment: 4  Trackback: 0

11月30日(月): NFL第12週 対レイダース戦
24-21での敗戦。 タイタンズファンにとっては残念な結果に終わってしまいました。 

試合を通じて審判はジャッジをうまく裁けずにレイダースもタイタンズも苦しんだ局面が数度ありました。レイダース最後の4ダウンギャンブルのジャッジも、ちょっとタイタンズとしては納得できないものかもしれません。(でもそのまま試合を進めてますし、文句を言える筋合いではありませんw)

マリオタのあの最後のINTは何だったのでしょう? WR:ケンドール ライトがターゲットだったようですが、双方のコミュニケーションミスということになっています? ケンドール ライトは久々の試合復帰で本調子には程遠い出来でした。 彼が戻ったインパクトはプラスとならずむしろマイナスに振れてしまったことが残念です。 
レシーバーをターゲットにしたパスが20回以上でWRは合わせて6回のレシーブ、70ヤードという結果がムラーキーオフェンスの弊害として現れています。 マリオタに関してはこれまで長いパスを投げない、投げても成功していないというデータから、対戦チームは選手を前に集めてショート、ミディアムゾーンを緻密に守るスタイルでマリオタを苦しめてきました。 マリオタがこの試合で意図して長いパスを投げていたのが嬉しかったです。 

試合を観戦していて感心させられたのは、レイダースのOLのパスプロテクションの安定感です。 とても素晴らしかったです。 タイタンズのフロント7のパスラッシュでのプレッシャーは、残念ながら限定的なものになってしまった気がします。 それでもタイタンズディフェンスは苦しい戦力ながらもよく戦ってくれました。 

ブラウンズが明日の試合なので暫定ですが、2016年度ドラフト指名順1位になってしまいましたw それでも昨年の戦いとは大きく異なっているのは確かです。 昨年は接戦なんてありませんでしたから! 
もうすぐ重い閉じられた扉をこじ開けて、希望の「光」が待っている。 そのような気持ちで諦めずにその瞬間を目にしたいです。

  
関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: Code Blue Tokyoさん
ハンニバルさん、

レイダースは良いお手本ですよね。 
タイタンズもマリオタの戦える環境を作らねばなりません。
Code Blue Tokyoさん
ランが出ない状況では、この結果もやむを得ないでしょうね。
レシーバーの問題は今シーズンずっとですしね。
昨年のDカーも苦労してましたが、アマリ・クーパーが加入して随分楽になりました。
マリオタにもあのぐらいのパスターゲットを与えてあげたいですね。
何れにしても、コーチ陣の刷新を是非お願いしたいところです。
Re: しばやんさん
> ただ…まさか、2年連続でドラフトトップ争いをするとは思わなかったなぁ…。

まったく同感です.....
接戦を落とすと厳しいですが、今季は接戦に持ち込めているから、おっしゃるとおり進歩はしていると思います。
ただ、強いチームは接戦をことごとくモノにします。
来季以降は、1ポゼッション以内の試合をできるだけモノにしてほしい。
そうすれば、自ずと結果はついてきますしね。
ただ…まさか、2年連続でドラフトトップ争いをするとは思わなかったなぁ…。

Leave a Comment