FC2ブログ
1
2
3
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  11 ,2019

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを通してNFLの面白さや素晴らしさを、皆さんにお伝えする機会としてお役立てれば幸いです!

最新コメント
27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デニスケリー  ロスター    

Comment: 2  Trackback: 0

7月27日(木) ロスターを考える DL,LB編
OG/OTデニスケリーが複数年契約を結んだとアナウンスがありました。まだ詳細が明らかになっていませんが、タイタンズにとって良いニュースだと思います。 DGBとのトレードが決まった時は少しだけ損した気分でしたが、1年経ってみれば.....’トレーダー’ジョン、お見事でござる!
ここまでリーグ髄一OLのサラリーが安いテネシータイタンズですが、LTテイラーリーワンの契約更新も控えていますし グッと跳ね上がってきそうですね。

ロスターを考えるシリーズはディフェンスに入ります。

<DL>
メディアブデスマド     DE  6-6  25才  ボストンカレッジ
アンジェロブラックソン   DE  6-4  24才  オーバーン大
キャメロンロビンズ     DE  6-5  26才  ノースウェスタン大  ルーキー
ジミーステイテン      DE  6-4  26才  ミドルテネシーステート大
オースティンジョンソン   DL  6-4  23才  ペン州立大
ダクアンジョーンズ     DL  6-4  25才  ペン州立大
カールクルーグ       DL  6-3  29才  アイオワ大
ジュレルケーシー      DT  6-1  27才  USC
デアンジェロブラウン    NT  6-0  23才  ルイビル大  ルーキー
シルベスターウィリアムス  NT  6-2  28才  ノースカロライナ大
アントワウンウッズ     NT  6-1  24才  USC

一応テネシータイタンズで一番デプスが厚いとされているポジションです。 今年のドラフトではDLの指名は見送られています。 ディックルボー御大率いるディフェンスシステムではDLで例年6枠です。
ジュレルケーシーダクアンジョーンズアンジェロブラックソンシルベスターウィリアムスカールクルーグオースチンジョンソンと予想します。しかしながら昨年のドラフト2巡オースチンジョンソンの評価がメディアにより大きく異なっており、ロスター落ちとまで酷評しているところが複数あります。少々気になりますが、2年に飛躍してもらいたいものです。 ここに割って入れる能力を持っているのが、メディアブデスマドアントワウンウッズの若手二人。昨シーズンPSにいましたが後半実戦を経験し、遜色ない活躍をみせてくれていました。彼らも楽しみです。ベテランカールクルーグの怪我の回復具合が遅れる場合当然彼らの出番となるでしょう。

<LB>
(LB)
ダーレンベイツ     5-11  26才  オーバーン大
ジャイロンブラウン    6-0   22才  UCLA  ルーキー
ネイトパーマー      6-2   27才  イリノイステート大
ジョニーラジン      6-3   22才   オレゴン大  ルーキー
ジャスティンステイプル  6-4   27才   イリノイ大
エイブリーウィリアムソン 6-1   25才   ケンタッキー大
ウェズレイウッドヤード  6-0   31才   ケンタッキー大
(OLB)
コートネイブラウン    6-4   29才   クレムソン大
ジョシュキャラウェイ   6-3   23才   テキサスクリスチャン大 ルーキー
ケビンドッド       6-5   25才   クレムソン大
デリックモーガン     6-4   28才   ジョージアテック大
ビクターオチ       6-1   23才   NYストーニーブルック校  
ブライアンオラクポ    6-4   30才   テキサス大
アーロンワレス      6-2   24才   UCLA


このポジションは補強が必要と周囲から見られており、特にパスカバーが弱点と指摘され続けています。またパスラッシュについてもローテーション組を含めもっとアグレッシブさを求められています。
昨年の先発組ブライアンオラクポデリックモーガンエイブリーウィリアムソンウェズレイウッドヤードは今年も当確。3rdダウンLBとしてネイトパーマーと新人ジャイロンブラウンが抜擢され、控え、いやローテーション要員としてケビンドッドアーロンワレスダーレンベイツ、UDFAでジョニーラジンと予想してみます。 マリオタの後輩にあたるジョニーラジンは2016年にキャリア終了と見られたほどの負傷を負い、今ドラフトでは指名はありませんでした。 タイタンズのスカウトやコーチ陣はプロデイにおけるインタビューの対応や球団訪問の際の礼儀正しい態度や知性に惚れ込んでいたようで、トライアウト待遇でタイタンズに迎えたという経緯があるようです。 2015年にPAC12リーグの’Academic All-Conference 1st Team’に選ばれています。オレゴン大では優秀なリーダーシップも評判だったとのことで、怪我から完全回復なれば今後が楽しみな選手の一人となります。 キャンプやプレシーズンゲームでの活躍を期待したいところです。

Together We Will Forge Ahead

フェイスブックの動画ですが なかなか良い仕上がりで好みです♪


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: タイトルなし
ふて猫さん

そうですね〜 タイタンズのディフェンスが重要になってきますね。
昨シーズンとメンバーがガラッと代ったDB陣がどんな活躍をしてくれるのか楽しみでもあり、心配でもあります♪
以前にも書きましたが、今期はディフェンスが地区優勝の鍵を握るのではないでしょうか?どうかキャンプではディフェンスを強化して欲しいものですね😅

Leave a Comment