FC2ブログ
3
4
6
7
11
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2018

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デショーンワトソン  

Comment: 4  Trackback: 0

10月2日(月) NFL 2017シーズン第4週 ヒューストンテキサンズ戦
今シーズンこそ地区優勝を目指しヒューストンテキサンズ戦(アウェイ)できっちり勝って、優位に立って戦っていこうという目論見は見事に粉砕されてしまいました。

このゲームを見終わった感想を一言で述べるとこうなります。

テキサンズ新人QB:デショーンワトソン 凄い! あっぱれ!

14-57 完膚なきまでに叩き潰されました。 カレッジみたいなスコアになってしまいました。 チームも手痛い敗戦を喫したわけですが、更にエースQB:マーカスマリオタが負傷し後半はマットキャセルがプレイしました。 マリオタの怪我.....痛いです。

テネシータイタンズのプレイ時間 20:19 ヒューストンテキサンズ 39:41 終始攻められっぱなし。
タイタンズ 1stダウン 9回に対し、テキサンズ 33回 なすすべもなくしてやられました。

ゲームパスで観戦していたのですが、あっという間に点数を重ねられていくのを見ていて、正直悔しいとか悲しいという感情を超えた驚きと感動を覚えました。新人QBとはいえ昨年の大学王者、優秀な運動能力に加え、パサーとしても視野も広そうで判断力にすぐれ度胸といいますかプレイメーカーたる才能を発揮されてしまいました。 テキサンズはいつものようにQB難で苦しんでこそテキサンズだと思うのですが、とうとう大物を掘り当てた!という事になるのでしょうか!? 大事に育ててAFC南を代表する、いやNFLのスターとして成功してください。 タイタンズも負けずに切磋琢磨します。

テキサンズの攻撃が爆発した要員をあれこれ考えると(考えなくても)、新人ワトソンの活躍ももちろんなのですが、テネシータイタンズの守備が”ひどすぎたから”というのもあります。 タイタンズディフェンスはここまでの4戦 26, 16, 27, 57点を取られています。 先週のシーホークス戦に続き57点の失点です。ここに至って”パスディフェンスは崩壊している”と断言できそうですね。 ルボー師匠、早急に抜本的な対策を講じないといけないと思います。セカンダリーだけではないですもの。




タイタンズファンの心配はなんと言っても 若大将マーカスマリオタの怪我の具合です。現地月曜にMRI検査を受けるようですが、すでにあらぬ怪情報が飛び交っています。

心配なのはこれ↓



元ESPNでタイタンズ番記者だったポールカハースキー氏による読唇術で、マリオタは  “I heard it pop.” 「ポンと鳴るのを聞いた」と言っているとか??  まあこの人の場合ショッキングで少々ネガティブに取れるような記事が多い(デリックヘンリーがキャンプ無断欠席とか)ので眉唾かもしれません。 (でも私もそう言っているように見えます)
月曜にははっきりするわけですし。 OT:テイラーリーワンは大丈夫そうだとコメントしています。

絶対にインジュリープローン化だけは避けてほしいものです。走れることも魅力的ですが、先を見据えたら怪我のリスクをヘッジしていかないと長くプレイできません。 コーチ陣のみならずマリオタ本人の再考を望みます。






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: Code Blue Tokyo さん
ハンニバルさん

ワトソンは凄かったですね。

ルボーディフェンスについて全く同感です。80才ですから多くを求めるのは酷なのかもしれません。彼をDC兼アシスタントHCに据えた以上彼を補佐する参謀が頑張らねばならないはずですが結果がついてきません。

マーカスマリオタがだんだんジェイクロッカーに重なってくるようなイメージは払しょくしたいものです。マリオタは後半戦もプレイすると願い出たらしいですが、大事を取ってコーチ陣が諭して休ませたそうです。

STもがっかりが続きますね。アドリージャクソンの活躍は嬉しいですけど、CBで修業を重ねることを優先してほしいとも思います。

今シーズン、グッと我慢して上を狙わずにコーチ陣刷新のための準備期間に充てることも考えた方が将来のためのような気もします。



Code Blue Tokyo さん
確かに敵ながらあっぱれなワトソンのプレーぶりは凄かったですね。
それにしても、昨シーズンから課題のパスディフェンスは一向に良くなる気配が見られませんね。CB陣のパスインターフェアなど個々の問題もありますが、やはりルボー師のディフェンスでは毎年進歩しているNFLのオフェンスを止められないのではないか、という気がします。
この試合に関しては、先に点を取られ過ぎたため、本来のランオフェンスを展開出来なかったですね。
それにしてもマリオタは怪我が多いですね。良いQBの最大のポイントは怪我をしない、怪我に強く、ゲームに出続けることだと思いますので、その点ではマリオタは失格ですね。
パスディフェンスとともに、STも相変わらずで大きくゲインを許すシーンがありました。
毎年同じことをされると言うことは、明らかにコーチ陣に問題があるということです。
パスディフェンス・STに加え、今回はランディフェンスも散々でした。
早急な立て直しを期待したいですねぇ。
Re: タイトルなし
ふて猫さん

前半はマリオタがプレイ、後半はキャセルがプレイしました。 
おっしゃるとおりでO# D#ともにこの敗戦から学ばないといけませんね。 コーチ陣の人事もまだ2勝2敗なのでメスを入れられないと思います。 ディックルボーDCに高齢を理由に無理やり勇退させるのも荒っぽすぎますよね。アシスタントDCやポジションコーチの踏ん張りどころに来ていますね。
マリオタの怪我と試合の結果は大変残念としか言えませんね。試合を観ていないので詳細は分かりませんが、後半は無得点ですか?O# D#共に再構築する必要があるのではないでしょうか?コーチ陣の転換も場合によっては必要があると思いますね。

Leave a Comment